交通事故・むちうち

illust10
  1. 交通事故に遭い、むちうちになってしまった
  2. 小さな事故だったが、痛みや不調が出てきた
  3. 手のしびれ、めまい、吐き気、倦怠感がある
  4. このままの状態がずっと続くのではと不安
  5. 家族や友人につらい状態が伝わらない
受付

交通事故は身体的・精神的にダメージを受けます。

それは、大きな事故に限ったことではありません。

小さな事故でも自分が感じている以上に、影響は受けています。

少しでも皆さんのサポートが出来ればと、交通事故の詳しい流れやケガについてご説明いたします。

圧倒的に多いケガ、むちうち

むち打ちは交通事故のケガで一番多く、その名の通り、首の骨(頸椎)が追突や衝撃で大きく揺さぶられ、鞭のようにしなるので、むちうちと呼ばれています。

頸椎の周りにある筋肉や靭帯、神経が傷つくので、骨折のように骨には異常無く、画像にもはっきりと写らず、痛みや不調があっても気が付きにくいのが、むちうちの特徴です。

そして、相手側とのやり取り、保険の手続きなど目の前の事で手がいっぱいです。

悩む人

普段とは違った痛みや不調を感じていても、「そのうち」「これぐらい」とあまり意識しないまま、時間だけが経過していきます。

そうすると、徐々に身体を動かすのが辛くなったり、頭痛めまい吐き気手足のしびれ倦怠感など様々な影響が身体にあらわれます。

周りからの理解も得られず、一人で悩み苦しんでいる方も大勢います。

事故に遭ったら…

まずは警察と保険会社へ連絡、相手の連絡先等も確認!

事故の大小、加害者・被害者に関わらず、警察に連絡します。
「事故証明書」を発行する手続きをしないと、後に保険金請求時に必要となります。

加入している保険会社へも連絡します。
日頃から保険会社の連絡先などが書かれた保険証券をダッシュボードなどに入れておくと、いざという時に慌てなくて済みます。
「先を急いでいる」「大した事故じゃないから」と当事者同士で話し合うのはトラブルのもとです。
必ず、警察や保険会社を通じて話し合いましょう。
故障した車両など現場の状況もメモなどに残しておき、相手の連絡先も確認しておきます。

医療機関で現在の身体の状況を確認!

医療機関で適切な検査と判断を受け、「診断書」を書いてもらいます。
診断書は医師しか発行が出来ません。保険請求時に必要な書類となりますので、あまり時間をおかずに医療機関へは行くようにして下さい。

「長時間の待ち時間はつらい」「そのうち良くなるだろう」と自己判断はいけません。
少しでも痛みや違和感など感じたら見てもらうのが大切です。

当院で、むちうちの早期回復!

定期的に医療機関へ行きながら、当院でもむちうち専門の施術が受けられます。
医療機関と並行し、当院で施術を受けることは早期回復が望め、仕事や日常へ早く戻れるからです。

また、後遺症へ繋がらない身体を作り、日常生活が問題なく安心して過ごせるよう、最善を尽くします。

お仕事が忙しい、土日も予定がある方にも通って頂けるよう土日営業、平日は夜も営業しております。
つらい身体を少しでもやわらげるよう、予約優先制で待ち時間も少なく、施術からお会計までスムーズにご案内します。

VIVA骨盤接骨院 三条寺町院の交通事故施術

カウンセリング

交通事故に遭われた状況やケガの具合はお1人おひとり違います。

どこが、どんな風につらいのか、カウンセリングと検査でくまなく調べ、本当の原因がどこにあるのかを突き止めます。

痛みや不調を取り除くだけではなく、後遺症を引きずらないようしっかりとサポートいたします。

どんな小さな事故であっても、身体に受けた衝撃は強く、心身ともにデリケートな状態です。

動かすのもつらい、触られるのも不安だなと感じているならば、我慢せず仰って下さい。

痛みが強い場合はいきなりお身体を触らず、まずは炎症を鎮める処置をします。

身体を守ろうととっさに力が入っているので、筋肉も緊張しています。

骨盤矯正を中心とした、優しい手技で筋肉の凝り固まりを取り除き、筋肉に引っ張られる形で歪んでしまっている骨格を正しい位置に整えていきます。

手技は身体に強い圧力をかけるものではありません。

優しいソフトな施術なので交通事故後のお身体はもちろん、女性や高齢者の方まで安心して受けられます。

一人で抱え込まないで大丈夫です。
痛み・不調・違和感、心配事や不安なお気持ちまで、お気軽にご相談下さい。